ニキビ跡はクリニックのレーザー治療で改善!赤み抑えてツルツルの肌

レディ

クマの種類で違う治療方法

鏡を見る女性

クマの種類と原因

目のクマに悩んでいる方は多いのですが、すべて同じものではありません。目のクマには黒クマ、青色に近いクマ、茶色っぽいクマの3種類に大きく分けることができます。これらのクマはできる原因が異なるので治療方法も違ってきます。クマの治療を始める前に自分のクマの原因について簡単な知識を得るようにしておきましょう。黒クマは影クマとも呼ばれており目の下の筋力が衰えて皮膚がたるんで凹みができたり、目の下の脂肪が膨らんだりして影ができたことが原因です。青クマは目の周囲の血流が悪くなってできるものです。パソコンなどからくる目の疲れや睡眠不足などが原因として考えられます。茶クマは、目の周りを強くこすったり、紫外線の影響を受けてできるものです。

治療方法

目のクマには大きくわけて3種類がありできた原因も違います。ですからそれぞれのクマにあった治療方法を行うことが重要です。黒クマは、皮膚の凹みや脂肪が原因です。皮膚の凹みが原因の場合は、ヒアルロン注射や高周波を使った治療を行います。ヒアルロン注射で肌をふっくらと持ち上げて凹みを無くします。高周波治療は肌の張りに必要なコラーゲンを生成させてお肌のたるみを解消します。目のクマだけでなく顔全体に張りやつやがでるという副効果もあります。青クマは血行不良が原因なので、目の周囲のマッサージなどを行ってみます。美容外科では、本人の血液から血小板を取り出して目のクマに注入するという治療を行っています。血小板を注入することで新陳代謝が活発になりクマが解消されます。茶クマは美白効果のある化粧品を試してみます。効果がない場合は医師に相談してみてください。